BIG BLOG FLAG

ひたすら情報皆無の音楽レビュー

Alien Nosejob

f:id:cyclemotor:20211213201950j:plain

Alien Nosejob

オーストラリア、メルトンってところ、Ausmuteants、Hierophants、Leather Towel等痺れるバンド多数で活動するJake Robertsonが2017年?くらいからしてるプロジェクト。
コンスタントに音源リリースしてます。

今年出たLP「Paint It Clear」が良いね。
けっこうシンセパンクな方向に行ったが、これまた良い。
個人的にConeheads、LiquidsなMark Winter周辺を彷彿します。

止まったらいけないくらいめちゃくちゃ活動してる人ですな。
いろいろアイデアが出てくるんでしょうな。
オーストラリアも良いバンド多数です。


Alien Nosejob - "Paint It Clear" (2021, full album)
https://m.youtube.com/watch?v=3SW9MTz5VDc&t=318s

Alien Nosejob - HC45 7" (2019)
https://m.youtube.com/watch?v=QBAa55fLNoQ

Alien Nosejob - Suddenly Everything Is Twice As Loud
https://m.youtube.com/watch?v=snXyNwn24qU

Alien Nosejob - Once Again The Present Becomes The Past
https://m.youtube.com/watch?v=Rpq1FW0UIUE

Ausmuteants - Band Of The Future (Full Album)
https://m.youtube.com/watch?v=QPNocG2yXvM

Twenty Sixty Six And Then

f:id:cyclemotor:20211122115237j:plain

Twenty Sixty Six And Then

1971年~1972年に活動したドイツ、マンハイムってところのバンド。
ほぼ1年間の活動みたいでLP「Reflections on the Future」を残してます。以降も未発表曲編集盤みたいなのもあります。
当時もLPは売れて人気だったみたいですが、諸事情で解散したのかね。

ぐいぐいくるオルガンが特徴的なプログレサイケデリック、ハードロックな音楽。
当時の英国なバンドともひけをとらない内容ですな。

こういう系統ファンの間では当たり前くらいなバンドらしいが、普通は知らないよね。



2066 & Then - Reflections On The Future (1972) [Full Album]
https://m.youtube.com/watch?v=POmpD15bkeM

Arthur Lee

f:id:cyclemotor:20211121163256j:plain

Arthur Lee

1963年~2006年に活動したテネシー州メンフィス出身のミュージシャン。06年没。
その筋では有名なバンドLoveの中心人物ですね。
96年頃から刑務所に長期間入ったりと大変です。結果的に冤罪みたいなものだったんですが、5年以上は入ってたみたい。

ソロ名義は72年「Vindicator」と81年「Arthur Lee」の2枚。
サイケデリックなLoveも再評価著しいが、ソロ作も素晴らしい。
全体的にどこか地味に感じるのがあまり成功しなかった理由かわからんけど、聴いてると味わい深いね。


Everybody's Gotta Live
https://m.youtube.com/watch?v=9axQuDoP9GI

Sad Song
https://m.youtube.com/watch?v=SlxyAlqGQMY

I Do Wonder
https://m.youtube.com/watch?v=_ZpcvcC01QE

Love (Arthur Lee) - Selftitled 1966 (Full Vinyl 2013)
https://m.youtube.com/watch?v=F-2PkU9LGlw&t=124s

Lov͟e͟ ͟ F͟o͟r͟ever Changes 1967 Full Album HQ
https://m.youtube.com/watch?v=r7ekYEywyRw

Love: Real to Reel (full album)
https://m.youtube.com/watch?v=irzY2ziEETU

Arthur Lee and Love - Five String Serenade 1992 (Full Vinyl 2003)
https://m.youtube.com/watch?v=33-PN6DpNJw

Ruts DC

f:id:cyclemotor:20211030092430j:plain

Ruts DC

The Rutsとも呼ぶ。(こっちが主?)
1977年~1983年に活動したロンドンのバンド。
80年にボーカルMalcolm Owen没。
2007に再結成。

パンクな音楽性から始まってますが、大御所Mad Professorとの82年作「Rhythm Collision」は本格ダブ、レゲエなサウンドでこっちがたまらん。
こっちから知ったのでメインのパンクな音楽性が霞み、レゲエ寄りなイメージ大。

「Rhythm Collision」は良い作品ですな。
初期3枚パンクアルバムも今聴くとそこそこ良い。個人的にもっさり感を感じる。
やはりClashが若干連想される?


Babylon's Burning
https://m.youtube.com/watch?v=t6AXZer4g9Y

The Crack
https://m.youtube.com/watch?v=HUjlqoy0R9s

Ruts DC - Animal Now - 1. Mirror Smashed - 1981
https://m.youtube.com/watch?v=-Da0XvGLrsA

Ruts DC Animal Now - 2. Dangerous Minds - 1981
https://m.youtube.com/watch?v=OVJA4ScyGB4

Ruts DC - Present Rhythm Collision (Full Album) 1982
https://m.youtube.com/watch?v=pqWfxcD4CMc

Ruts DC Mighty Soldier
https://m.youtube.com/watch?v=JDj8jyx6ppY

有山じゅんじ

f:id:cyclemotor:20211029103833j:plain

有山じゅんじ

1968年大阪市出身のミュージシャン。
上田 正樹との「上田正樹と有山淳司」名義75年「ぼちぼちいこか」は名盤ですな。
South to South、内田勘太郎とユニットもあったり、ブルースに根差したギタープレイがかっこいいね。

系統的によくわからんが、ウルフルズとか?な雰囲気?
70年代の日本語ロック?はまあ、演奏も素晴らしいし、よかね。

当時の更にアンダーグラウンドなバンド群やらと異なるが、ほんわかな中の鋭さがありますな。(?)


上田正樹と有山淳司/ ぼちぼちいこか 1974. feat サウス・トゥ・サウス/ 金子マリ/ 妹尾隆一郎
https://m.youtube.com/watch?v=FYSIz5ZK0u0

(1977) Junji Ariyama - Arinomama Junji [FULL ALBUM]
https://m.youtube.com/watch?v=hmopWlch8Ic

上田正樹とSouth to South』
https://m.youtube.com/watch?v=caE0Pr8JxjI

Dorothy Ashby

f:id:cyclemotor:20211028130520j:plain

Dorothy Ashby

1932年生まれデトロイト出身のハープ奏者、ミュージシャン。1986年没。

ジャズな雰囲気にハープの音がキレイ、新鮮。
心地よいですな。
イージーリスニングに近い印象です。
58年リーダー2作目「Hip Harp」が特に好き。

ぶつかり合いがないというか癖のない演奏というか、まあ、人畜無害。
年齢が重なるとこういう耳に優しいのも必要になってきますな。
この後に聴くBad Brainsの「Rock for Light」も格別ですわ。(脱線)


Dorothy Ashby - Hip Harp ( 1958).
https://m.youtube.com/watch?v=H8zPorum2p0

Dorothy Ashby - Dorothy Ashby (1962)
https://m.youtube.com/watch?v=S-UaoR0FRDE

Dorothy Ashby - Django/ Misty (full album)
https://m.youtube.com/watch?v=KazJnDbRU4A

Dorothy Ashby - The Fantastic Jazz harp of Dorothy Ashby (1965) (US, Harp Jazz)
https://m.youtube.com/watch?v=aJjPBes9l50

Dorothy Ashby – Concierto De Aranjuez (1984 - Album)
https://m.youtube.com/watch?v=3Yne9P1JF9w

Econochrist

f:id:cyclemotor:20211028125232j:plain

Econochrist

アーカンソー州リトルロックで結成、1988年~1993年に活動したバンド。サンフランシスコを拠点にしてたみたい。
Ebullition Recordsからディスコグラフィー出てますな。
Ebullition系統と言われたら、そんな感じかな?

Black FlagからのBorn Againstと同期?経由DC行きって印象で後続なバンドにも影響大であっただろう。
ずっしりなドンタンドラムにのっかる演奏がかっこいい。
初期から後期にかけて変化はあれど、芯がありますな。
政治的なスタンスもあります。

このくらいが好きだあ。

Econochrist - (1988-1993) - Discography CD -1994 - (Full Album)
https://m.youtube.com/watch?v=aDpFyjyTJoQ